MENU

2018年5月29日

片付ける前1

片付けた後1

片付ける前2

片付けた後2

 

亡くなったお母さんが使っていたアクセサリーや日本人形の買い取りの依頼をいただきました。

 

5月の始めに亡くなり、気持ちの整理がつかない中でしたがアパートの退去がせまっているという状況でした。

 

買い取りのお話しをさせていただいてる中で、残りの不用品の処分の業者さんも探してるとのことだったので提携業者を紹介させていただきました。

 

認知症だったというお話しもあり、服のポケット、雑誌の間、封筒の中、全てをチェックする必要がありました。

 

ていうのも認知症の方は1か所に貴重品を保管するのではなく、いろんなところに現金などの貴重品をしまうという特徴があるからなんです。

 

今回もそういった場所から現金で50万円ほど見つかり、依頼者さんにお渡しすることもできました。

 

ちなみに冷蔵庫3ドア、洗濯機7キロなども5年以内でキレイな状態でしたので買い取りさせていただくこともできました。

 

8畳、8畳、ダイニングキッチンの2DKでしたが荷物が多かったのと、認知症のための細かな捜索で2日間かかる内容の作業で27万円でした。

 

買い取りは全部で18万円になったので、9万円のご負担で今回の遺品整理を行うことができました。

 

遺品整理も全てがゴミではなく、買い取りできるモノもたくさんあります。

 

ぜひ業者へ処分を依頼する前に、ファミリーリサイクルの増子までご相談ください。

関連ページ

遺品整理|豊田市大沼町の事例を紹介
豊田市大沼町の遺品整理の事例を紹介します。亡くなった男性の娘さんからのご依頼でした。